慶應受験記_13

本当にしんどかった。

いろんな情報を集めても信じられるのかわからなかった。

何より残りの3 ~ 4ヶ月で新しい教科を始め、

慶應合格水準の実力をつけられるかどうかもわからなかった。

悩みながらも、変わらず一日勉強している毎日を繰り返していた。

ある日。

青チャートの復習をしているときだった。

あぁ、今さらお前を裏切れねぇよ。

計算ミスも俺の実力だ。

それで落ちたらもうしょうがねぇや。

最後まで頼むぜ相棒。

嘘だと思うかもしれない。

けど、本当に青チャートに向かって俺は心の中で語りかけてた。

手垢で汚れた青チャート。

各問題の左上には、最初に解いた日、2回目に復習した日、3回目に復習した日、4回目に復習した日、、、

無数の日付が刻まれていた。

最初から解けてる問題なんて1つもねぇじゃん。

3回目に復習した問題でも解けてない問題あるな。

でも、4回目には解けるようになってるじゃん。

がんばったな。

英語、数学、国語。

この3教科で最後まで走る。

計算ミスだって最小限に抑えてみせる。

それまで迷っていた思いが一気に消えた。

大丈夫、俺には俺がついている。

次の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました