エンジニアである俺は営業ができない

東京ミネルヴァ法律事務所のニュースを見て思ったことを書きます。

僕自身もこのニュースを調べ始めた時、フリーランスエンジニアである自分が抱えている問題と重なる部分があるとは思いませんでした。

東京ミネルヴァ法律事務所の破産手続きの開始決定

概要

過払い金の返還請求で有名だった弁護士事務所が破産手続き中というニュースです。

過払い金CMの大手弁護士法人、「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
 消費者金融会社への過払い金の返還請求を手掛け、積極的なテレビCMなどを行っていた弁護士法人、東京ミネルヴァ法律事務所が6月24日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。だが、今回の破産には、ほ

負債額の大きさなどがピックアップされていますが、広告費や広告会社との関係に問題があったとの記事も見られます。
ただ、基本的には広告会社側は過払いした人達を弁護士事務所へ送客するといった機能だったと思います。

弁護士事務所と広告会社の関係は以下の動画がわかりやすかったです。

東京ミネルヴァ破産の闇。貧乏弁護士の末路がヤバすぎた… / タケシ弁護士

今回、僕が焦点を当てたいのは広告会社の機能である、集客(営業)です。
広告会社と弁護士事務所との間でどのような取引があったのかには触れません。

また、現段階で調べられる内容には事実でないものも含まれている可能性が高く、あくまで情報を集めた結果、僕がこのように認識しているというだけです。

問題だと思った点

集客(営業機能)を広告会社に依存し過ぎていたのではないか

上記の1点のみです。
この部分以外は全く焦点をあてません。
この構造を知り、ミネルヴァの件は他人事じゃねぇなと思った次第です。
顧客獲得をどのようにしていくかは他の業界にも当てはまるのですが、なぜかこの事件は強くフリーランスエンジニアである自分ごとの様に感じました。

フリーランスエンジニアの現状

顧客獲得方法のみに焦点を当てます。

案件獲得方法

主に3つあると思います。

  1. エージェントを使い紹介してもらう
  2. 自分で企業にアプローチ(直営業)
  3. 知り合いの紹介

このうち、僕のまわりでは1が圧倒的に多く、僕自身も売上のほとんどを1に依存しています。

エージェントを使うとは?

端的に言うと営業機能を外部委託します。

例えばレバテックのようなサービスを使用し、レバテックの営業の方が獲得した顧客の案件に参画するといった形式です。
エンジニア側からはレバテックのサービスに登録し、参画したい案件に申し込んでいくだけです。

フリーエンジニアのIT案件ならレバテックフリーランス
【業界認知度No.1】平均年収862万円、月間新規案&...

そして、以下の様にお金が動いていきます。
(あくまで一例です。)

A社がレバテックに100万円/月で人材紹介依頼
レバテックが80万円/月で募集
エンジニアが上記に応募

つまり、上記の例だと20%をレバテックに紹介料として払っているということになります。
* この紹介料は個人個人で異なります。各社独自の基準を持っているだろうし、僕が現在契約している会社とのレートも20%ではありません。

このクライアント紹介でマージンを取るというシステムがミネルヴァと広告会社の関係に似ているなと思った次第です。

僕はどう思ったか

一般論として思っていること

営業機能を外部に依存すること自体、全く悪くないと思います。
使いたい人達がいて当然だし、現状僕もその一部です。
そして、そういったシステムの中で人材紹介業者、広告業者がマージンを取っていくことは至極当たり前だと思っています。

エンジニアで、紹介業者はマージン取りすぎ!と主張している人を見ます。
が、自分で営業せず、紹介業者と交渉もせずに主張をしてはいませんか?
そういう人に関しては、自分がどの機能を委託しているのかを認識し、その上で紹介業者と交渉することをオススメします。

俺が俺に対して思うこと(重要)

ここからが本題になってしまうのですが、自分自身に対して、営業機能を外部委託していることをビジネスマンとしてとても恥ずかしいと感じています。

僕自身はwebエンジニアとしてプロダクトを組み立てる能力を身につけました。
しかし、マネタイズで肝心の顧客獲得という部分に関しては大部分を外部委託してしまっています。

自分で顧客獲得も出来ないやつが粋がってんじゃねぇよ!
と、日々俺に語りかける毎日です。

ミネルヴァの件を調べ、
これは生殺与奪の権を他人に握らせすぎていたのでは?
と思ったのですが、
いや俺も人のこと言えん!
と強く感じたわけです。

まとめ

まさに、人の振り見て我が振り直せ、それを再認識した事件でした。

7月を最後に仲介業者を介した案件は契約を終了させます。
8月からしっかり自分で営業活動、または自社サービスを伸ばして顧客獲得していきたいなと思った次第です。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました