慶應受験記

慶應受験記_10

夏が終わるまで、とても安定した心持ちで勉強できていた。 駿台のハイレベル模試でも良い成績。 過去問も解き始めていたが、概ね良い出来だった。詳しい得点配分はわからないが、英語で圧倒的に得点できているのでどの年も十分合格最...
慶應受験記

慶應受験記_9

2011年3月11日、東日本大震災が起こった。世間は大変な状況になっていた。しかし、当時の俺にとってはどうでもよかった。 少し部屋が散らばっただけ。ニュースなんて見てるヒマはない。計画停電の対象地域だったが、停電中は懐中電灯...
慶應受験記

慶應受験記_8

本格的に勉強が始まった。 ひたすら机に向かう日々だ。 周囲の人達の反応は総じてネガティブだった。 親も予備校の先生も。 そりゃそうさ、一流大学とは程遠い高校を卒業し、なんにも知らない20歳の浪人生が慶應経済に入...
慶應受験記

慶應受験記_7

決心してからは早かった。 まず志望校。 慶應義塾大学の経済学部のA方式(英語、数学、小論文)を第一志望にした。 当時の俺は本当に知識ゼロ。だけど一流大学に入学し、一流大学に行く人たちと交流してみたいという思いがあった...
慶應受験記

慶應受験記_6

2、3日経っただろうか、ふと思ったんだ。 俺はずっと勉強から逃げてきた。社会に出てから何の役にも立たないと思ってきたから。でも大企業の社長はこぞって高学歴ばかりだ。これはひょっとするとなにかあるのではないか。ここから成り上がるた...
慶應受験記

慶應受験記_5

先生と話した直後のがっかりした気持ちとは逆に、その晩、ベッドの中で様々な思いが浮かび続けていた。 大学に行くってどんなことなんだ。 一流大学はどんなとこなんだろ。 サラリーマンでも高学歴の人は活躍しているよな、なにか...
慶應受験記

慶應受験記_4

年が明けた。 養成スクールを卒業する年、俺は俳優を将来の職業にすることを辞めていた。 理由は色々あるが、大きな理由は自分では解決できないものであり、かつ、他人には言いたくないので詳細は言わない。ただ、本当にどう...
慶應受験記

慶應受験記_3

20歳の俺は池袋にいた。 勉強せずに済みセリフを読んでいるだけで目立てて金が儲かる、という理由だけで高校卒業後に入った俳優の養成スクール。 他の生徒よりも講師の評価が高く、身内で開催する舞台や映像の中心役柄にも選んでもらっ...
慶應受験記

慶應受験記_2

「大丈夫、俺は将来絶対大物になるんだ。」 20歳までの人生の大部分で、悔しい思いを隠しつつそう思っていた。 ただ、その将来はいつくるんだろうか。 30歳、40歳、50歳、いつなのか。 もしくは、大物...
慶應受験記

慶應受験記_1

中学3年の夏、剣道部の最後の公式戦で観客席から仲間を応援していた。 仲間が活躍し勝ち進んでいくなか、個人戦の一回戦で俺は敗退していた。 俺も目立ちたい、俺も勝って声援を浴びたい。 そう思うだけで、...
タイトルとURLをコピーしました