自己紹介

僕の経歴を簡単に説明をすると以下の様な感じになります。

偏差値50以下の公立高校にスポーツ推薦で入学・卒業。
俳優の養成所に通った後、事務所のオファーを断り、 20歳でbe動詞も知らない状態から慶應義塾大学経済学部を目指す。
2年間の浪人の末、第一志望であった慶應義塾大学経済学部に入学。
シンガポールに交換留学をして5年で卒業したのち、ITエンジニアになる。
2年3ヶ月でフリーランス転身し、1年間に1000万稼ぐ。
自分の会社で代表取締役。(2020年5月〜)

といった感じです。

僕の過去がよくわかりそうな記事はこちら。

慶應受験記_1
中学3年の夏、剣道部の最後の公式戦で観客席から仲間を応援していた。仲間が活躍し勝ち進んでいくなか、個人戦の一回戦で俺は敗退していた。俺も目立ちたい、俺も勝って声援を浴びたい。そう思うだけで、...

2020年時点で社会人4年目になりますが、世の中に自分のしてきたことを個人としてアウトプットしていくことが大切だなと強く思うようになりました。

このサイトでは自分に大きく影響を与えている受験勉強(慶應経済)、英語、プログラミングについてつらつら書いていこうと考えています。

初期は受験時代の話が大半をしめてしまうと思うのですが、世の中で勉強を頑張る人たちの励みになればいいなと思います。

勉強したことない人にとっては、正直ビリギャルの話よりもためになるし、希望が持てるのではないかと思っています。

また、

底辺高校から一流大学へ行って何を思ったのか。

大学卒業後に1000万稼いで何を思ったのか。

今どんなことに取り組んでいるのかに関しても文字にしていきます。

大学合格はただの通過点にすぎません。

タイトルとURLをコピーしました